2016年7月19日火曜日

メンタル的要素、熱い気持ちで没頭したプレー。試合で勝つために必要な感情の管理



試合に勝ちたい、全国大会に行きたい。その気持ちはリスペクトされるべきものだと思う。しかし、それを個人で成し遂げることはできない。チームがあって、仲間がいるからこそ、可能となることである。ひとつの試合を勝つために、プレーし続けることで見えてくる、それが目標達成するために大切な、様々なことのひとつ。

チームというものは様々な個人の集まりだ。個人の考えは非常に貴重なものであり、それらをうまく組み合わせていけたら理想のチームだろう。しかし、そんなユートピアはなかなかない。ただ、必ず共有できるものはある、それが勝利だ。

それは、とても素晴らしいものだ。個人と個人では理解し合えない同士でも、チームを通せば理解し合えるものはある。様々な人がいる中で、チームで戦うとはそういうことだろうと思う。

勝利に向けてプレーするとは、どういうことか真剣に考えて欲しい。高い目標を持つことは大切だけど、今を最大に取り組むこと。チームに依存することなく責任を持ち、仲間を尊敬し、自分にできることを続けること。相手にも尊敬の念を持ち、その中で戦い、試合後には讃え合う。

お前が持つ、その感情や行動はチームにポジティブなものとなっているか、勝利に繋がっているのだろうか。繋がっているという信念があれば続けて欲しい、そうでなければチームのために感情をコントロールしないといけないだろう。